風に吹かれて

andante「歩くような速さで」 ずっと走ってきたような気がする。 もう走るのはやめよう。 気の向くままに ゆっくり見つめたい・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

人生


母が 2016.12.31に この世から旅立った。
夏に救急車で運ばれてから、ちょっと良くなっては悪くなりを繰り返し
ゼンマイ仕掛けの時計が止まるように、息を引き取った。

色々な事があったなぁ・・・・

死というものは、必ず、いつか、みんなにやって来るもの。
今をどのように生きて行くか、何をしたいか、
生きることに真剣にならなくてはね。

                               ~ miyu ~












IMG_9897.jpg
スポンサーサイト

京都  夏みどり  ~お盆に思う~

アンケートで「、50歳の今と若い時とでは、どちらが幸せですか?」というのがあった。
すかさず、『若い時』と思った自分が悲しかった。

仕事のお休みが取れたので、思い立って京都に行った。

無鄰菴1
                           murin-an


辛いのは、何だろう?

親の介護?
 これは、母は50歳で脳梗塞を起こしているので今に始まったことではなく、若い時の方が介護のサービスもなく大変だったはず。
仕事?
 乳飲み子を含めた3人の子どもがいて、かつ遠距離通勤。手の抜き方?を知らなかった若い時の方が大変だったはず。

お金?
 給料は安く、高速代も自腹。子供の面倒を見てくれる人がいなかったから、早朝保育代、延長保育代でいつもピーピーだった。

時間?
 仕事が忙しい上、7人分の食事、洗濯などの家事も結構負担。子どもの勉強を見てあげたり、本の読み聞かせと子どもとの時間をとても大切にしていたから、自分の時間はとれず、いつも睡眠不足だったはず。




和中庵洋室  和中庵 洋間

    「若い時は倹約ができる。歳をとってからの倹約は、みすぼらしいからちゃんと貯金しておくんだよ。」
    「若い時に苦労しておくと、あとが幸せになれるから頑張れ。」
  と言った仕事人間の父は、65歳で死んだ。
  父は、真面目一筋で、なにも楽しいことはできなかった。  病院で点滴に繋がれて死んだ。
  父は幸せだったのだろうか・・・


和中庵和室    和中庵 奥座敷


父は、仕事から帰るといつも書斎で仕事をしていた。お休みの日も。

高台寺  高台寺

「亡くなったことを知らなくて」と線香をあげに来てくれた人が何人もいた。
娘である私に 若い頃の父をいろいろ語ってくれた。「神童と言われていたのに先生に反抗するので学級委員には指名されなかった」なんて聞かされると、父らしいなぁと思ったものだ。

高台寺 青紅葉   高台寺 青紅葉

私が死んだとき、ムスメに何かを語ってくれる人なんているだろうか。
   たぶん無理ね。

角や   角や

定年まであと数年。


高台寺ねねの道     高台寺ねねの道

「年取ったら、夫婦で旅行行きたいね」 というのも 叶わぬ夢。

色んな事があって、ちょっぴり、人間不信になってしまった私だけど 京都は優しく迎えてくれた。

『若い時大変だったけど、今とっても充実しているの』 と自信を持って言える自分にならなくちゃぁね。




                             ~ miyu ~

夏が来た。  ~ 滋賀県 第1渚公園 ひまわり ~  

    

ひまわりが青空に挨拶をする。

2015.7.20琵琶湖5

ここは、滋賀県の琵琶湖の東岸側にある自然公園。(第一なぎさ公園)
12000本のひまわりが 比良山系を背景に咲き誇る。

2015.7.20琵琶湖1

ちょっぴり、落ち込んでいたんだけど、黄色いひまわりを見ると元気がわいてくる。

2015.7.20琵琶湖2

ここのひまわりは、早めに咲きほこるので8月になると 「残念~」 と言うことになるらしい。
行ったのは、7月20日。
バッチリ満開!!  ラッキー!!

綺麗だよ。


2015.7.20琵琶湖4

リゾートマンションかぁ・・・
歳をとって退職したら、花咲き乱れる景色や琵琶湖を望みながら生活するのも楽しいかも。

2015.7.20琵琶湖3

Life is like riding a bicycle. To keep your balance you must keep moving.

私の好きな、アインシュタインの言葉。

  人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走り続けなければならない。

でも・・・・やっぱり走り続けるのは、しんどい。。。。。      スタンドをたてたくなってきたのかも。 
                        ~ miyu ~

可睡ゆりの園にて

静岡県袋井市にあるに行ってみた。

  ちょっと三重県から遠いし・・・  天気もイマイチだし・・・  
         でも、綺麗って有名だし・・・・
 ちょっぴり 消極的な気分のまま出掛けたけど、 行って、大正解~

       ともかく、広くって 綺麗!!


この子も、アタシの後ろ姿 見てみて~  って言っているでしょ。


2015.6.20可睡ゆり園7

可睡ゆり園は、とっても広くて(15ヘクタールの敷地)、起伏があって・・・
     回遊式の3,000坪の池、日本庭園、高さ20mから滝き落ちる滝、瓦葺の茶室・・・・


登ったり、降りたり・・・
   斜面の木々が、『 代わりに歩いてあげるよ 』って言ってくれたような。。。

2015.6.20可睡ゆり園9


 黄色いゆりは見応えあり。
     これでもか~  と言うくらい 一面に咲いている。
2015.6.20可睡ゆり園6


百合だけでなく、木々の緑が 慌ただしい毎日を忘れさせてくれる。

2015.6.20可睡ゆり園8


お茶目なサーモンピンクの百合も、 『 お友だちの咲き具合はどうかな 』と のぞいてる。

2015.6.20可睡ゆり園3



園内には、約150種類200万本の百合の花が植えてあるとか・・・



2015.6.20可睡ゆり園4



 ぼーっと 眺めていると、『 しっかり見てよ。 』と アピールされた。
    とっても綺麗だよ。

2015.6.20可睡ゆり園2


あ・・!クレマチスも咲いている!


2015.6.20可睡ゆり園5


ゆっくり、ゆっくり 花を楽しみましょ。


2015.6.20可睡ゆり園1


       写真を撮ることに 追い回されず アタシのペースで。

             私が、私であるために。
 
                         ~ miyu ~



四日市再発見

四日市を レンタルサイクルで散策してみた。

楽しかった。

癖になるかも・・・

もしよろしければ、デジブック見てくださいな。


プロフィール

miyu~                                               。

Author:miyu~                                  。
 日常の生活やグルメ そして写真を、
のんびりと三重から綴ります。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。